ビジネスボイス・キャンペーン

2016/02/19

BNIメンバーが力を合わせて地域の子供たちに支援をしたとしたら、どのような効果が期待できるでしょうか。その効果は、あなたの想像を超えるものです。その好例が「ビジネスボイス」のキャンペーンです。
BNI財団は、「ビジネスボイス」というキャンペーンを始めました。これは、BNI財団の慈善活動の一翼を担う新たな取り組みです。BNI財団は、次のことを信じています。それは、地域の事業者である皆さんの存在は、きっとコミュニティーに対して良い影響を与えることができるということです。ビジネスボイスでは、子供と教育に関係する地域のプロジェクトを支援します。ビジネスボイスの概要については次の動画をご覧ください。

BNI Central Texas リージョンの事例

BNI Central Texas リージョン(米国テキサス州)は、積極的にビジネスボイス・キャンペーンに取り組んでいます。先日、リージョン内のチャプターが協力して、Oak Creek Academy(自閉症とアスペルガー症候群の子供たちを支援するプログラム)の新校舎への引っ越しを支援しました。新校舎では教室の数も増え、よりたくさんの子供たちが学べるようになったほか、教室には大きな窓があり、子供たちはとても喜んでいるそうです。
テキサス州キリーンにある地元のBNIチャプターは、日を決めて、メンバーが力を合わせて机やイス、その他教室の備品を運ぶ手伝いをしました。また、メンバーは、教室や廊下のペンキ塗りも行いました。子供たちのお気に入りの大きな窓はというと、窓業者のメンバーが掃除や点検を行いました。
successnet1.png
校舎が整備されたら次は図書室の強化です。Oak Creek Academyには、50冊から100冊の書籍しかなく、生徒の増加に伴い本が不足がちになっていました。この状況を知ったBNIエリア・ディレクター・コンサルタントであるBecky Isbellは、本を集める取り組みを始めました。彼女は10チャプターで200人のメンバーをサポートしているので、メンバーが平均1冊を提供してくれれば、全部で200冊を集めることができると考えたのです。200冊でも十分に生徒たちのためになりますが、実際には何冊が集まったと思いますか?その答えは、ネットワーキングがコミュニティーにもたらすパワーを証明するものです。BNIは空前の1500冊を集め、学校まで2台の車にぎっしりと本を詰め込んで運んだのです。
successnet2.jpg
こうして、Oak Creek Academyの図書室の蔵書は、文学・フィクションからノンフィクションまで一気に増えることとなりました。BNIのメンバーやチャプターは、ビジネスボイスのキャンペーンを通じ、地元コミュニティーの子供たちや教育活動にポジティブな影響をもたらしています。この他にもたくさんの事例があり、上記はその一例にすぎません。あなたのチャプターも、きっと地域の子供たちのためにポジティブな影響を与えることができるはずです。
※BNI 財団の詳細については、BNI 財団ジャパンのウエブサイトでも知ることができます。
http://www.bnifoundation.jp