BNIの新しいブランドイメージ

2011/04/13

feb2011_breaking_news_NewBNIbranding

皆さんにぜひお知らせしたいことがあります。
BNIが生まれ25年。この度 初めて、BNIのブランドイメージは、統一されたグローバルなものになりました。これはBNIの歴史にとって、とても大きな一歩を意味します。新しいブランドイメージは、BNIの知名度を世界的に向上させ、私たちが25年間で培った信頼を、より強固なものにしてくれます。

■なぜ、BNIはこの新しいブランドイメージを採用したのでしょうか?

・ BNIを、世界中の人にとって、より印象的で、なじみやすい組織にするため
「マクドナルド」や「コカ・コーラ」と聞いて何を思い浮かべるでしょうか?
もちろん、そのグローバルなブランドイメージです。私たちの新しいグローバルなブランドイメージは、人々から、まさにこの種の「なじみ」を感じてもらうことを目指しています。これは非常に効果的な戦略です。

・ BNIブランドの保護につながるため
世界共通の統一されたブランドイメージを持つことで、BNIが発信するメッセージの内容を軽くみられることを防ぐことができます。そして、私たちが、常に、BNIの信頼性と水準の高さとを反映するような、プロフェッショナルな集団であるというイメージを、効果的に発信できるようになりました。

一貫してこの新しいブランドイメージを用いることで、他の組織が、あたかもBNIと関連があるかのように宣伝することを防ぐことができます。他の組織が、無許可でBNIの商標や資料を用いることは、私たちにとって大きなリスクとなります。なぜなら、彼らはBNIの使命や理念、仕組みに従わず、その結果、悪いクチコミを広げてしまうことが考えられるからです。

■新しいブランドイメージが、BNIのメンバーやチャプターに与えるメリットとは?

・ 世界的な知名度、なじみやすさ、信頼性を向上させることは、チャプターにより多くのメンバーを呼び込むことを後押しします。それは、結果的に、リファーラルラインの増加による”苦労を少なく、より多くのメンバーにリファーラルを与えるチャンスが到来すること”を意味します。
すべてのチャプター、ディレクター、BNIオフィスが同一の、すぐにそれと分かるようなイラストやロゴを体系的に用いることは、BNIブランドを、より強力で印象的なものにします。世界中で、BNIについて聞いたことがある人、好印象を持っている人が増えれば、チャプターを訪れるビジターに、事前にBNIに対するポジティブで、より強い関心をもってもらえるようになるでしょう。

今後は、BNI関係者にも、外部の人にも、特定の資料やウェブサイトが、BNIと関係しているかどうかが一目でわかるようになります。それは 結果として、チャプターに招待された人に、BNIの掲げる、その使命と理念を、正確に認識してもらえることを意味します。それと同時に、今まで間違った情報をもつ資料やウェブサイトが与え続けてきたBNIへの誤解やネガティブな印象をぬぐうことになるのです。

新しいブランドイメージは、多くの人に対して、次のようなメッセージを発信していきます。それは、「BNIは、プロフェッショナルでつくるビジネス・ネットワークとして、高い評価を得ており、誇り高き組織であるということ。そして、BNIは世界中にチャプターを有し、毎年メンバーに対して、価値ある多くのリファーラルをもたらしている」というメッセージを伝えることになるでしょう。その結果、あなたが明日、誰かをチャプターに招待しようとしたときに、相手が間違った情報から持つような、疑念や困惑の表情を見せることはなくなります。そして、それとは逆に、親しみや興味、そして、招待してくれたことへの感謝の気持ちを抱いてくれるようになります。

 

新しいBNIのブランディングの詳細については、「BNIブランディングマニュアル」をご用意しております。ご要望のある方は、下記お問い合わせ先までご連絡下さい。

(その他、参考資料:英語版)
BNI Branding PowerPoint Presentation: http://bit.ly/BNIbrandingPowerPoint(英語)
The BNI® Branding Standards: http://bit.ly/BrandingStandards-BNIMem(英語)

■ブランディングに関してのお問い合わせ先■

– BNI メンバー:担当ディレクターに問い合わせてください。
– BNI ディレクター:BNIナショナルオフィス広報室に問い合わせてください。

BNIナショナルオフィス 広報室 田村
(Tel:0422-71-3161 / Fax:0422-24-7718 / E-mail:maiko.tamura@bni.ne.jp)